なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

エイダン・ギレンはなぜハイネック役を引き受けたか「プロジェクトブルーブック」インタビュー翻訳

https://twitter.com/HistoryBlueBook/status/1048270545828139008 新ドラマ「プロジェクトブルーブック」のプレミアが2019年1月8日に決まったらしい! Project Blue Book starring Game of Thrones' Aidan Gillen premiere date revealed | EW.com 日本でど…

競い合う蒼の美「ピーキーブラインダーズ」S1感想

前から見たい見たいと思っていた(おもにエイダン・ギレン的理由で)ピーキーブラインダーズをとうとう見始めた。 BBCの映像美がすごい方向に特化して襲ってくるすごいドラマだった。 ギレンさんが出てくるのはS4からなのでまだ先だが、せっかく感想をメモし…

【追記】「汚い大人」の成し遂げた悪「レイジングループ」キャラ語り

各所で良作と名高い「レイジングループ」、とうとうわたしもプレイしてみた。 確かに評判通り、システムとシナリオががっちりかみ合った面白いゲームだった。 主人公(画像下の人)に大変好感が持てる上に、彼がサクサク話を進めてくれるのでプレイヤーもス…

「オクトパストラベラー」全員分のエンディングに到達したので感想を書く

リアルトラベルをしながら飛行機の中でオクトパストラベラーをクリアするという稀有な体験をしてしまった。旅はいいものだ。 わたしの旅の話は別のページを見てもらうことにして、ここでは先延ばしになっていたオクトパストラベラーのクリア後感想を残して、…

アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・3

ウィンターフェルツアー連載も最終回。 前の2回はこちらからどうぞ。 アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・1 - なぜ面白いのか アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・2 -…

アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・2

ウィンターフェルツアー連載、本日は2回目。 前回記事はこちらから。 アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・1 - なぜ面白いのか 前回、ウィンターフェル周辺の森を散策し終えた我々は、レストラン「ロブスターポッ…

アイルランドで「ゲームオブスローンズ」ウィンターフェルツアーに参加してきた・1

2018年8月、アイルランドのウィンターフェルツアーに参加した。 ドラマの中で見た光景が目の前に広がっていて、その中をマントとリトルフィンガーのマネシツグミピンをつけて歩く自分がいて、現実なのに夢のような不思議な体験だった。自分の世界とウェスタ…

リアルトラベラーより

オクトパストラベラー、全員のエンディングを見たのだが、感想をまとめる前にわたしがリアルトラベラーになってしまったので続きにはもうしばらくかかりそう。 もし待ってくれている方がいたらすみません! 旅っていいなと思ったところでわたしも旅立ったの…

プリムロゼ、トレサ、テリオンのエンディングに到達!「オクトパストラベラー」4章-2 感想

上級職に挑んだり全滅したりまた挑んだり4章をクリアしたり、冒険もいよいよ大詰め。いやここからが本番なのかも? 前回サイラス先生→オルベリクとクリアして、今回は プリムロゼ→トレサ→テリオン の順にクリアしてみた。 いやあこの順番、ノリの差が激しす…

サイラス&オルベリクのエンディングに到達!「オクトパストラベラー」4章-1 感想

毎日暑いから、ついフロストランドの画像を貼ってしまうんだなあ。 この像、左側だけ首がとれててちょっと怖い。 そしてこの像はきちんと左右対称になっているだけに、前回記事でも触れたがほかに一部左右対称でない像があるのがやはり気になる。 光のあたり…

エイダン・ギレン主演「プロジェクトブルーブック」が楽しみすぎる

https://twitter.com/SyfyWire/status/1019058045559693313 真夏に WINTER IS COMING と叫んでいた頃から1年がたった。このブログでリトルフィンガーについて語り倒してから、もう1年だと思うと感慨深い。 「ゲームオブスローンズ」リトルフィンガー役で役者…

「オクトパストラベラー」3章全員クリア!ハンイット、プリムロゼ感想

全員分の3章をクリアした! サブクエストをクリアしたり4章の町を探しに行ったりしているうちに、もうすでに主人公サイラス先生のレベルは57。RPGのパーティメンバーはまんべんなく育てたい派なので、ほかのメンバーは40半ばである。 そんなわけで3章の後半…

黒フードの人物が気になる「オクトパストラベラー」3章-2 トレサ、テリオン、アーフェン感想

「オクトパストラベラー」、探索ですっかりレベルが上がってしまったので、メインクエストはサクサクである。 前回オルベリク→オフィーリア→サイラスときて、 今回はトレサ→テリオン→アーフェンの3章をクリアした。 以下、ネタバレ全開感想。

起承転結の「転」に入った「オクトパストラベラー」3章-1 オルベリク、オフィーリア、サイラス感想

信者の目の前で司祭様に殴りかかり、気絶した彼に「良い試合だった」と言い放つ剛剣の騎士(35) ここのところ探索やサブクエストに時間をとられて全然メインストーリーが進んでいなかったわけだが、ようやく3章に少しずつとりかかっている。 3章になった途端…

「オクトパストラベラー」水辺の風景

オクトパストラベラーはただの2Dドット絵ではなく、HD-2Dというなんかすごい技術が使われているということは周知のとおり。 正直わたしには技術的なことはさっぱりだが、懐かしくも美しい景色に目を見張ったのは一度や二度ではない。 特にわたしのお気に入り…

「オクトパストラベラー」2章-3 ハンイット、オルベリク感想

2章を全員分クリアした記念! トレサ→プリムロゼ→テリオン→ サイラス→オフィーリア→アーフェン→ ハンイット→オルベリク(イマココ)の順でクリアした。 この記事はハンイットとオルベリクを中心に、2章を振り返ってみたい。 例によってネタバレ全開につき注意。

「オクトパストラベラー」2章-2 サイラス、オフィーリア、アーフェン感想

もうすぐ2章を全員分クリアできそうなので、忘れないうちに途中経過を書き残しておく。 前回はトレサ→プリムロゼ→テリオンの感想を書いたが、続けてサイラス→オフィーリア→アーフェンの順でクリアしていった。概ね推奨レベル順である。 迷子になりながらちま…

「オクトパストラベラー」2章-1 トレサ・プリムロゼ・テリオン感想

いやあ、旅が楽しい。 地図を眺めながら、次はどこに行こうかと考える時間が楽しい。 迷子になって引き返したり、返り討ちにあったりもしているが、それも楽しい。 パーティチャットも楽しいのだが、特定のタイミングでパーティにいるキャラとしか会話が発生…

「オクトパストラベラー」8人分の第一章をクリアしたので感想を書く(トレサちゃんかわいい)

オクトパストラベラー、発売おめでとうございます! 早速入手して、現在やっと8人すべてを仲間にしたところ。 サブストーリーもすぐにできるものは進めつつ、地方ごとに特色ある音楽や風景を楽しみつつ、旅を楽しんでいる。 ここでは各キャラ1章クリア時点で…

「ゲームオブスローンズ」リトルフィンガー役エイダン・ギレンがヴィラン向けアンケートに答える

あの日の衝撃から1年近くたったが、いまだにわたしの傷は癒えていない。 あれから7-7を何度見返しただろうか。 見るたびに、エイダン・ギレンとソフィ・ターナーの演技の凄まじさに圧倒される。ピーターとサンサがともに過ごしてきた時間とほとんど同じだけ…

「オクトパストラベラー」の発売が待ちきれないので体験版の感想を書く

わたしが最初にこのソフトのことを知ったのは、移動中に目に入った巨大な店頭ポスターだった。イラストの雰囲気に一目で魅かれ、帰宅後に即ぐぐった。 そうしたらあなた、スクエニの完全新作RPGだそうで。 ゲーム画面のスクショを見たら、スクエニじゃなくて…

刑事二コラ・タナーを全力でプレゼンする「刑事トム・ソーン」原作15巻 The Killing Habit 感想

「刑事トム・ソーン」シリーズ最新刊(15巻) The Killing Habit を読み終えた。 わたしにはセラピーが必要である。 わたしにとってセラピーとはすなわち書くことである。 まとまりのない文をぐだぐだと書くことになりそうだが、まとまりのない文をぐだぐだ…

Kindle で洋書を現地時間より早く入手した

(※この記事は2018年6月時点でのものです) ここのところはまっている「刑事トム・ソーン」シリーズの新刊 The Killing Habit が、6月14日に出た。 まだ読んでいない既刊もたくさんあるのだが、せっかくはまったタイミングで新刊が出るのだからこの祭りには…

こわがりねこちゃんの決断「刑事トム・ソーン」原作2巻 "Scaredy Cat" ネタバレ感想

本日も「刑事トム・ソーン」シリーズの原作 Scaredy Cat の感想。 これはドラマ版トム・ソーンS2「臆病な殺人者」の原作。なおドラマ版の原題は "Scaredycat" だが、原作は "Scaredy Cat" である。 www.superdramatv.com ドラマ版を先に見た人にとっては驚愕…

フィルのハッピーエンド「刑事トム・ソーン」原作13巻 Time of Death 感想

「The Bones Beneath」がとても面白かったので、そのまま続巻を一気読み! こっちも面白い! 萌えと燃えがすごい!! 「The Bones Beneath」の事件から数か月後、ヘレンと休暇に出かけるトム。いい雰囲気で食事をしてホテルの部屋に帰り、シャワーを浴びて出…

友情と選択「刑事トム・ソーン」原作12巻 The Bones Beneath ネタバレ感想

エイダン・ギレン目当てでドラマ「刑事トム・ソーン」を見た。 ギレンさんはゲイの病理学者(検死もするよ!)フィル・ヘンドリクス役。 この役が、作画はいいし、作中での活躍っぷりも素晴らしいし、主人公トムへの秘めた片思いもほのめかされていたりと大…

ふたつの滴「裏切りのサーカス」ネタバレ感想

ここのところ、通勤時のゲームタイムが映画タイムになっている。 iPadに映画を一本DLしておくと、行きと帰りのバスの中でだいたい見終えることができる。ただしだいたいいいところで勤務先に着いてしまうため、一日中続きが気になるというのが問題点だ。 さ…

恋する青年の信仰告白「ペイン Buddy Boy」感想

エイダン・ギレンの若い頃の作品を見ようキャンペーン中。 「ペイン(原題 Buddy Boy)」は1999年の作品だから、30代になったばかりのギレンさんが拝める。「ファイナルステージ」よりさらに若い。 吃音があって繊細そうでいかにも薄幸そうな主人公フランシ…

何も知らない J・J・カーティス「映画・ファイナルステージ」感想

2002年の映画の感想を今頃書いて誰か読む人がいるのか不明だが、わたしが見たのは昨日なので今から書く。 「ファイナルステージ(原題 Final curtain)」、わたしはもちろんエイダン・ギレン目当てで見た。主演映画ではないし、若き日のギレンさんのクズい役…

混沌の時代に贈るおとぎ話「シェイプオブウォーター」感想・考察

ようやく見に行けた「シェイプオブウォーター」。劇場で見ることができて本当によかった。 すでにいろいろな人が感想をしたためているが、わたしもそこにひとつ投じておきたい。 ネタバレ全開につき注意。