なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

タイトル検閲済「グランドツアー」1-12感想

「グランドツアー」12話公開!

日本語版の「SUVで人生を巡る、ロマンチック街道の旅」とかいう釣りタイトルもさることながら、原題 "[CENSORED] to [CENSORED]" (【お見せできません】から【お見せできません】へ)に盛大に噴いた。ドイツ語圏の地名やばい。

以下はネタバレ感想。いや、タイトルが出落ちすぎてすでにネタバレなのだが。

 

 

南ドイツ~オーストリアの美しい風景

今回はアルプス周辺の緑豊かな景色をたっぷり堪能させてもらった。

特にフッキング(ドイツ語読みするとこうなる)での朝食のシーン。ドイツの田舎の美しさを凝縮したような一コマだった。あんなところで朝日を浴びながら朝食(ちょっと固いドイツパン+アルプスで作られたチーズとハム!)を食べるなんて最高ではないか。しかも給仕をしてくれるのはディアンドル(バイエルン周辺の民族衣装)を着たお姉さん。緑と赤のディアンドルが、背景の草原によく映えている。

オーストリアの美しさを絶賛するジェレミー。本当にゴミがない。

 

びっくり地名

今回紹介された「人生を巡る」コース、これから英語圏の観光客が殺到するのではないだろうか。うまくPRできれば地名を観光資源にすることもできるのかもしれない。

Kissingは有名な古い町だが、Wank(ヴァンク)に Petting に Fucking ときて Wedding(ヴェディング)とは。Google Maps で確認してみたところ、全部実在する地名だった。しかもペッティングとフッキングは車で40分もかからない距離だった。まあ、うん、あまり遠いのもね(棒)。

ちなみにわたしはペッティングのかなり近くまで行ったことがある。これはえっちな意味ではなく、地名の話だ。その当時はもちろんそんな地名があるなんて知らなかった。

ヴェディングはベルリン(ドイツ北東部)の一角だから、オーストリアのフッキングからはかなりの距離がある。そこで行先をニュルンベルク(ドイツ南東部)に変更したのだろう。

「人生を巡る旅」のすべてを回ってレポートする人は、旅程をきちんと組んでから出発してもらいたい。ホテルを探す難易度が無駄に上がりそうだ。「Fucking Hotel」で検索しても目的のものが見つかるとは思えない。

(試しにやってみたところ、「Austria Fucking Hotel」で検索すればちゃんと見つかることがわかった。なおフッキングは小さい町で、ホテルを探すなら周辺のもう少し大きい町になりそうだ)

(そして検索結果を眺めていたら、三人が泊まったのではないかと思われるホテルが出てきた。風景が朝食時の背景と似ていないだろうか? ビールが飲めるスパがあるとか、ジェームズ大歓喜間違いなしである)

Country Hotel Moorhof in Dorfibm, Upper Austria

 

なお Fucking から2.5kmのところに Hucking という非常に紛らわしい町もあるようだ。

f:id:ssayu:20170127211129j:plain

カタカナ表記ではどちらがどちらかわからないが、西側にあるのが Hucking である。

 

「人生を巡る旅」収録時のツイートはこちらにまとめているので、あわせてご覧いただきたい。まだ「グランドツアー」という名前が公開されていなかった頃の記事である。

ssayu.hatenablog.com

厳しい人生

フッキングでの朝食でジェレミーが「フッキングに来たからといってヴェディングまで行かなくても…」と言い出した。

よく意味がわからなかった人は、ジェレミーが二回離婚していることをふまえてもう一度見直してみよう。ここで笑うか同情するかで人間性が問われることになる(なおわたしは爆笑した)。リチャードは夫婦円満、ジェームズは結婚していないが長年パートナーと同棲している(のろけツイートがいちばん多いのもジェームズだ)。

(゚∀゚) <マンネリ化、倦怠期、憤慨、寝室の分断、誘惑、不倫、発覚

ジェレミーを目の前にしてよくこのセリフを噴き出さずに言えたものだと、リチャードには感心する(ジェームズはちょっと笑いそうになってた)。人生は厳しい。

しかし結婚していないジェームズがヴェディングに行かないのにがっかりしているのは、なんだか妙な気もする。ニュルブルクリンクに比べればベルリンの方がいいか。

 

ジェームズのドイツ語

J`・ω・) <Hans's been wet, because he's standing under the waterfall.

(滝の下にいるのでハンスは濡れています)

ジェームズが話せるドイツ語キメ台詞として以前から披露しているこれを「手が濡れてる」と訳す字幕は許されない。確かに "Hans's" が "Hands" に聞こえるのだが、主語が "Hands" なら "have been" と続くはずだ。

とはいえ、このへんは過去作を全部見て台詞を覚えていなければ対応が難しいところかもしれない。字幕屋さんって大変だね。

ちなみにジェレミー、Nürburgring の発音は「なーばーぐりんぐ」ではなく「ニュルブルクリング」が近いので「発音は英語と一緒」ではないんだぞ(最初のgは「ク」になってあとのgは「グ」になる)。

ニュルンベルクトライアルには笑った。誰がうまいことを言えと。

 

ティム・バートン

今回のゲストはティム・バートン。アメリカ人だったのでは? と思ったが、調べてみると現在はロンドンに住んでいるとか。しかし毎回豪華なゲストがくだらないことに協力してくれるよなあ。

J`・ω・) <「ナイトメアビフォアクリスマス」のことが聞きたいな。お気に入りのクリスマス映画なんだよ

このジェームズがとてもかわいかった。あの映画を見て目を輝かせる51才。

 

中古車のゆくえ

J´・ω・) <自分が手放した車にほかの人が乗ってるのを見ると、元カノとほかの男がセックスしてるような気分になる

今週のメイ言である。

パンダやポルシェを手放したときもそんな気分になったのだろうか。

 

(゚∀゚) <クローゼットで過ごした夜…

お前は何を告白しているのか。

あと傷ついたのは "strangely" じゃないだろ!

 

ジェームズのジャケット

今回ジェームズが着ていたパッチワーク風のジャケットは、トップギア最終回で着ていたもの。あの柄も色もお気に入りで、また見たいと思っていた(ていうかほしい)。

また見ることができて、しかも最終回というちょっと悲しい思い出が上書きされて、嬉しい限りである。

 

ジャムボーイ氏?

葬式シーンに出てきた背の高い金髪のサングラスをかけたお兄さん、この "jam boy" 氏に似ている気がしたのだが、どうだろう。結構背が高かったし、別人かな?

 

ジェームズ&リチャードによる12話実況

三人が新しく立ち上げた車好きのためのSNS「ドライブトライブ」で、ジェームズとリチャードが12話の実況チャットをするらしい。11話の実況チャットも、ファンからの質問に答えてくれたりして盛り上がった。

日本時間の28日(土)朝4時半開始なので、日本人には厳しい時間だが、ログは後からでも読めるはずだ。

前回のログはこちらから。

drivetribe.com

 

抜粋まとめはこちら。

drivetribe.com

先日の「ジェームズ・メイだけど質問ある?」からの抜粋はこちら。

drivetribe.com

 

ドライブトライブにはグランドツアー舞台裏をレポートするトライブもあるので、番組ファンはチェックすべし。

drivetribe.com↑誕生日を祝うジェームズ。かわいい。

 

ssayu.hatenablog.com