なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

「嘘」で読み解くV3キャラの対比構造「ニューダンガンロンパV3」キャラ語り・番外

V3資料集がとても楽しい。表紙の構図もいろいろと深読みできて、眺めているだけで楽しい。

読んでいて面白いのは、キャラ同士の人物評価。うんうんそうだろうね! というものから、ちょっと意外な人物評までいろいろ。キャラクター原案も面白い。星くんとか。

本日はそんな資料集トークとは何の関係もなく、各キャラの「嘘」に対するスタンスについて、考えたことをまとめておく。作中の対比構造を整理して眺めるのが趣味みたいなものなので、今回の記事はとても楽しく書いた。

当然ながらネタバレしかないので、ご注意いただきたい。

 

 

 

 

 

 

王馬小吉

「嘘」について書くなら、やはりまずは彼からだろう。

嘘は彼の生き様であり、彼の性格、彼自身による自己プロデュースの根幹であり、同時にやめたくてもやめられないような癖でもあるらしい(そもそもやめたいとは思っていないようだが)。

メタ的には、今回の作品のテーマを象徴するキャラだった。嘘をばらまき謎を増やす王馬くんのおかげで、V3という作品全体が面白くなったのは言うまでもない。特に5章を中心に、その前後の章に余波のように彼の「嘘」の甚大な影響がみられる。

とはいえ、実は肝心な部分で王馬くんはあまり嘘を言っていないというのは、もはやファンの間では定説になりつつあるのではないだろうか。コロシアイを止めたい気持ちも、ゲームに勝ちたい気持ちも本物だったはず。

彼がコロシアイにおけるスタンスを決めたのは、「いは うま」に落書きをした時点かなと今では思っている。2章のなごもう会の時点ではまだ、黒幕を名乗るつもりはなかったと思われる。

王馬くんについては別記事ですでにたっぷり語ったので、今回は彼が象徴する「嘘」と対比する形でほかのキャラについても語ってみたい。

 

 

百田解斗

王馬くんと対になる存在は、見方によって数人あげられそうだが、まずは百田くんだ。

彼は無根拠に信じる人間である。現実に百田くんのような言動をする人がいたら、わたしはまず間違いなく危険人物とみなして距離をおく。彼が輝くのは、ダンガンロンパがフィクションだから。とはいえ、あの世界の中で百田くんは確かに輝いていた。

一人で戦おうとした王馬くんに対し、百田くんは最原くんや春川さんを掬い(あるいは救い)あげることで協力体制に持ち込んだ。

誰にでも平等に不誠実で、平等に疑いの眼差しを向けた王馬くんに対し、百田くんは不平等だが自分の信じた相手には誠実だ。「信じたいものを信じる」と公言する百田くんは、逆にいえば「信じられない相手のことは信じない」ことになる。

2章をプレイしていて、彼の言動は東条さん視点で見ると辛辣だとすら感じた。春川さんのことは根拠なくかばったのに、東条さんは「殺人をやりかねない人物」と評価していたのかと(実際そのとおりだったわけで、百田くんの人を見る目はひとつの才能と言っていいレベルだ)。そういえば1章で百田くんが選んだ地下室会議メンバーの中にも、春川さんは入っていたが東条さんは入っていなかった。

そんな対照的な百田くんと王馬くんが5章で共犯関係になるのが、非常に熱く燃えるのは言うまでもない。V3という作品の中で「嘘の分量が最も多かった」のは、ひょっとすると百田くんなのではないだろうか

百田くんはオバケが怖いことをごまかしていた(しかしこれは病気をごまかすための方便でもあったように思う。オバケが怖かったのも本当だとは思うが)。自分が病気なのもごまかしていた。トレーニングをさぼったのもごまかしていた。そして5章で長々と、あの素人とは思えないレベルの芝居をうった。

彼は理由さえあれば嘘をつける人間だ。そして決意さえあれば、嘘つきぞろいのV3メンバーの中でも特に「上手い嘘」をつける人間だ。

その嘘のすべてが、5章の結末、「オシオキで死なないクロ」へとつながっている。この「処刑しようとしたのに勝手に病死」した描写も、ボウガンの矢+拷問致死薬+出血多量+プレス機というオーバーキルド王馬くんとの対比だろう。ニュー宇宙旅行はシリーズ屈指の名シーンだと思う。「王馬くんの本当の死因は春川さんの拷問致死薬だった」説をとると、百田くんとの対比がさらにきれいに決まる。

 

 

赤松楓

偽証の口火を切ったキャラにして、地の文に(嘘ではないが)ごまかしを入れてきた脅威のアンフェア主人公(めっちゃほめてる)。王馬くんは1章では大して嘘をついていないので、プレイヤーが最初に目にする重要な嘘はおそらく赤松さんのもの(砲丸をリュックに入れるところ)。

一人で戦おうとした」という点に注目すると、王馬くんと赤松さんが対をなすと見ることもできる。むしろ赤松さんの遺志の一部を王馬くんが継いだと見るべきか。ちなみに資料集では、王馬くんと赤松さんが対になるように配置されている。

彼女も理由があれば嘘をつける人間で、嘘の理由もさまざまだ。みんなを守るために最原くんの目を欺き、最原くんを守るために偽証し、そして自分を守るため(学園から出たあとみんなと友達になるため)にトリックを用意した。利己と利他の両方を用意する製作陣のバランス感覚よ。

 

 

最原終一

「嘘を暴くため」に「嘘を利用する」という意味で王馬くんと対になりそうなのが、探偵である最原くん。考えてみると偽証探偵ってフィクション世界でも割と珍しいのでは。

自分への自信に溢れていた王馬くん(やりとげられる自信がなければあんな計画は立てられない)と、自分に自信を持つことができずにいた最原くん、という形でも対比になっている。

そんな最原くんが百田くんの助けによって少しずつ自信をつけていき、5章で王馬くんの命をかけた嘘を暴くという構図がたまらない。駒の配置が絶妙すぎて、図形的美しさだけで卒倒しそうだ。

 

 

白銀つむぎ

ほかのキャラとは文字通り立っているステージが違うため、単純な対比構造で語ることはできない人物。

彼女は(彼女の言葉を信じるならば)「チーム」で動いていたはずだが、学園内では1人で15人と戦わなければならなかった。そういう意味では王馬くんと対比させることも可能かもしれない。つむぎは「チーム」と「孤独」の両方の属性を持ち、さらに彼女一人の中に何十人ものキャラクターのストックが存在する。

果たしてコスプレは「嘘」だろうか? 「なりすまし」ではないから、少なくとも王馬くんが口にするような「嘘」とは種類の違うもののように感じられる。

しかしそもそもフィクションとは嘘である。そういう意味では、つむぎこそがV3における嘘の体現者(文字通り)であるとも言える。

 

 

キーボ

設定そのものが嘘でした!

王馬くんを「自覚ある嘘つき」とすると、キーボくんは「自覚のない嘘つき」として対比できそうだ。残酷だが、よくできた「ゲームシステム」である(ダンガンロンパ53にとって)。

あれ、V3中で最も多くの嘘をついていたのは、百田くんではなくてキーボくん?

 

 

東条斬美

目的さえあれば嘘をつけるパーフェクトな嘘つきスパイダー。2章で通信簿を埋めてしまった場合、最原くんについた嘘は重い。

嘘をつく理由がほぼ100%利他だった(「完璧に依頼を遂行する自分でいたい」と考えれば利己が含まれるが、そこは今は脇において)という意味で、東条さんはむしろ赤松さんと対比すべきか。

百田くん以外で王馬くんと手を組めそうなのは、東条さんくらいだろうと思っている。死ぬ間際の王馬くんに「依頼」されれば、彼女もまた死体の処理から裁判での演技までパーフェクトにやってのけるだろう。そしてきっと、百田くんのように結末を最原くんにゆだねたりはしない。本当に迷宮入りにさせてくれたかもしれない。

 

 

春川魔姫

才能が嘘だった。そういう意味では2の十神くんポジションと言ってもいいかもしれない。

公式サイトで特大の嘘をついているという意味では作中屈指の嘘つきと言ってもいいのだが、彼女に対してあまり嘘つきのイメージはない。彼女が嘘をつくのは5章くらいだ。

最初は「一人で戦おうとした」(いや、ゲーム開始当初の彼女は「戦おう」ともしていなかったか)彼女だが、最原くんと同じく百田くんによって掬われて、生き残りメンバーに入った。

やっぱり王馬くんを殺したのは彼女であってほしい。「自覚のない嘘つき」「オシオキを免れたクロ」を兼ねていてほしい。そこが決定できないからこその5章ではあるのだが。

 

 

獄原ゴン太

キーボくんが「自覚のない嘘つき」だったのに対して、「嘘をつかない、嘘をつけない」のがゴン太くん。そういう意味で、正しく王馬くんと対になる存在。ゲーム前半の王馬くんがゴン太くんとよく一緒にいるのは、他人の嘘は嫌いな王馬くんにとって付き合いが楽、あるいは居心地がよかったからだろうか。6章をやってから思い返すと、「後で利用してやろう」という考えだけだったとは思えない。

しかし嘘をつかない、嘘をつけない人物が犯人になってしまうのが4章。めちゃくちゃ面白かったし興奮した

 

 

入間美兎

嘘をつく理由の大半が利己で、しかも上手い嘘がつけるような人ではないという意味で、東条さんと対比するべきか。あるいはゴン太くんと対比させるべきかもしれない。

4章はいろいろな意味で2章の逆で、(東条さんと違って)まったくパーフェクトではない嘘つきの入間さんが犯行を計画し、(星くんと違って)まったく協力的ではない被害者予定の王馬くんが計画をひっくり返してしまった。その犯人が、嘘をつけず往生際もよいゴン太くんというところまで含めて、きれいに2章の逆をいっている。

 

 

真宮寺是清

だがちょっと待ってほしい。V3中で最も多くの嘘をついていたのはこの男ではないのか。

(彼は彼で「嘘」のステージというか文脈がほかのメンバーとは全然違うところにあるので、今回は対比して語るのはやめておく)

 

ssayu.hatenablog.com