なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

デッカード・ショウとその家族「ワイルドスピード」キャラ語り

ワイルドスピード アイスブレイク」のデッカード・ショウがすっかり気に入って、今さらながら過去作を見たりしている。初登場の頃のホブスってまだ今ほど人間やめてないなあ!

本日は、アメリカで出たブルーレイについて&ショウファミリーについて語ってみる。

アイスブレイクのネタバレあり。訳は適当なのであまり真に受けないでね。

 

 

 

 

ブルーレイ特典情報

The Fate of the Furious Blu-ray Review | High Def Digest

こちらの記事にブルーレイ特典について書かれていた。詳しくはそちらを参照してもらうことにして、わたし的に注目したいのは、

オーディオコメンタリー

まずこれ。F. ゲイリー・グレイ監督のコメンタリー! アクションシーンの解説はもちろん、キャラ語りもやってくれているとか。

 

ショウファミリーの価値観

誰が何を語ってくれるのか、これまたわくわくなコーナー。ヘレン・ミレンのインタビューが聞きたい。次回はマグダレーンママもフェラーリとかに乗って颯爽と登場してほしい。

 

ワイスピのヒーロー車

今回もかっこいい車が目白押しだったので、ここも楽しみ。オレンジのランボとデッカードの乗ってたジャガーが見たい。

そういえば、元「トップギア」スタッフのローランド・フレンチさんが、いつのまにかワイスピライブのエグゼクティブプロデューサーになっていたようだ。「グランドツアー」に合流しなかったのは残念だが、今も車とエンターテイメントにかかわる仕事をしていてくれて、ファンとしてはなんだか嬉しい。

ライブの公式サイトはこちら。2018年1月から世界各地でツアーをやるらしい。日本には来ないかなあ。

https://www.fastandfuriouslive.com/

 

ライブ公式の Twitter アカウントはこちら。

 

脱獄シーン&飛行機シーンのエクステンデッド版

正直、これがほしくてブルーレイを買うようなものである。

すでにどちらもステイサムの公式fbアカウントで見ることができるが、やはりよい画質で見たいし自宅で所有したい。

 

 

ショウ家の家族構成について

アイスブレイクでママが登場したことで、今回も観客の度肝を抜いたショウファミリーだが、ここにきて父親はどうなっているのかという疑問が出てきた。

マグダレーンの妻にして、デッカードオーウェン父親ってどんな人なら務まるというのか。

ショウ兄弟の父親といえば、スカイミッションの字幕(たぶん吹き替えでも)で少し言及されていた。オーウェンが角のお店で盗みをはたらいたとき、かわりにベルトでの折檻を受けてやったのは自分だ、とデッカードが語るシーン。このベルトで殴る男のことを字幕では「親父」と訳していたのだが、デッカードが実際に口にしたのは "the old man" というセリフ。文脈からすると、この "the old man" は親父ではなくオーウェンが盗みに入った店の主人のことでは? と思ったりしていた。

そこにきてマグダレーンママの登場である。あのママが、父親から息子への暴力を許すだろうか? と思ったり(自分はビンタしてたけど)。

息子を守るためにママが父親をぶっとばしてボスにのしあがったとか、当時の旦那と別れて別の男(何かの組織のボス)と再婚→男の死後に組織を掌握(ファーゴS2のゲアハルト家みたいな)とかいろいろ考えたものの、ヒントが少なすぎて適当に想像するしかなかった。

 

そんなある日(昨日である)、こんな記事を発見した。

www.mtv.com

記事公開日が2017年4月10日ということは以前からのファンの方には今さらな話かもしれないが、ショウファミリーを想像するうえでヒントになりそうだったので紹介してみる。

ステイサムへのインタビューによれば、

俺にビンタしてケツを蹴り上げて言うこと聞かせられるのはママだけだよ」

ということらしいので、やっぱりパパは少なくともビンタしてくるようなタイプではなさそうだ。

さらに「デッカードのパパを誰が演じるか、心当たりがありますか?」という質問に対しては、

あいどぅーいぇあ!

という元気のよいお返事。インタビュアーさんは明らかに「まだわからない」的なお返事を想定していたテンションだったが、意外にも力強い答えである。しかも、

「(カメラの前ではその名前を言えないから)答えを書いてあげる、紙くれ

とペンを取りだすノリノリぶり。本当は言いたくてたまらないけどまだ言えないんだよ! という空気をひしひしと感じる。

なんかもうパパがどんなキャラかはどうでもよくなってきた。誰がやるんだ! このステイサムの嬉しそうな顔からして、過去の共演者の可能性ある? ていうか「エクスペンダブルズ」関係者の可能性ある? ちょっとわくわくしてきたんだけど。

いやしかし、エクスペにはアングロサクソンに見える適齢期のハゲがいないのでは? ブルース・ウィリスだとデッカードのパパにはちょっと若すぎるしなー。

 

ステイサムは脚本家からデッカードの設定について、本編には出てこない部分まで含めてたくさん教えてもらったらしい。それをふまえてアイスブレイクでのデッカードの演技になったのだろう。

ママにビンタされたときのあの表情とか、リトルブライアンに「怖いだろうけど、すぐ楽しくなる」と言い聞かせていたりとか、あのあたりからデッカードの幼少期が垣間見える、気がする。

 

しかしこの記事の真骨頂は、序盤にさらりと書かれた「デッカードオーウェン(とママ)のためなら何だってする there's nothing he wouldn't do for his younger brother Owen — and his mum」という部分。そうだよね、何でも(逃亡生活から一転、ロンドンで病院壊滅とか)するよね。

 

 

ステイサムのインタビューもう一つ

同時期のインタビュー記事をもう一つ貼っておく。

ew.com

記事内の動画がなぜかタイリース・ギブソン(ローマンの人)のインタビューなのだが、誰かこのインタビューの動画がどこにあるか知りませんか。

内容的には1つ目の記事とかぶるところが多いが、ハンを殺したデッカードがファミリー入りすることについてはステイサムも不安があったらしい。

「レッドカーペットを歩きながら、飛んでくる腐った果物とか唾とかを避けることになると思ってた」

とのことで、ファンの温かい反応にほっとしているようである。

「腐った果物が飛んでこないって素晴らしいね!(笑)」

と言っているステイサムが見たいから動画くださいEWさん。

 

ホブスとデッカードとの仲については、

「二人がすごく仲良くなったとしても、どっちが強いかについての興味は尽きないんだよ」

「仲良く殴り合うことになるんじゃないかな」

だそうで。スピンオフでそのへんが見られるのを期待したいところ。

 

ヘレン・ミレンの夫のテイラー・ハックフォードとステイサムは『パーカー』で一緒に仕事をしたことがあって、彼女とはそのときに会ったことがあるらしい。面白い縁である。

 

このインタビューで面白かったのは最後の部分。わたしは今までステイサムのインタビュー記事をあまり読んだことがなかったのだが、彼は自分を「役者」だとは思っていないらしい。「こんな大ヒットシリーズに加わるのってどんな感じですか?」という質問に、

「すごいことだよ。役者として……」

と言いかけて笑ってしまうステイサム。

「自分のことを役者だと思ってないから、自分がこんなことを言うのっておかしくて」

「でももう結構やってるじゃないですか!」ともっともなことを言うインタビュアー。

「俺はアスリートでスポーツマンで、街角で香水とか宝石とか売ってる奴だったんだよ。役者になろうって思ったことはないんだ。だから『私は役者です』なんて言うと自分でも変な感じがする。この仕事はうっかり転がり落ちちゃったっていうか、まったくの偶然で始めちゃったっていうか……」

あれだけ主演映画やっておいて、そういう自己認識だったの!?

まあ、ヨーロッパだと学校で演劇の授業があったり、演劇学校に通って役者を目指したりするのが普通だから、そういうコースからは全然はずれているステイサムはちょっと違ったアイデンティティを持っていてもおかしくないのかもしれない。

 

記事をあさるのに忙しくて全然ショウファミリーの考察ができていないのだが、一旦ここでお開き。早くアイスブレイクのブルーレイがほしい。あとスピンオフ情報はよ。

 

ssayu.hatenablog.com