なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

「オクトパストラベラー」2章-1 トレサ・プリムロゼ・テリオン感想

いやあ、旅が楽しい。

地図を眺めながら、次はどこに行こうかと考える時間が楽しい。

迷子になって引き返したり、返り討ちにあったりもしているが、それも楽しい。

 

パーティチャットも楽しいのだが、特定のタイミングでパーティにいるキャラとしか会話が発生しないっぽい? のでかなり取りこぼしがありそう。もっとキャラ同士の絡みが見たい!

 

さて前回の記事で、2章はプリムロゼから攻略すると言ったな。あれは嘘だ。

プリムロゼの2章目的地スティルスノウに向かおうとしたところ雪山で遭難したので引き返し、ほかの土地から回ることにしたのであった(後日無事にたどり着いた)。

というわけで、今日はトレサ、プリムロゼ、テリオンの2章感想

1章に比べて話にボリュームがあり、町のマップも広いので結構時間がかかる。しかも一人ずつプロフィールをチェックしたり盗んだり買い取ったりしているし。

エスト絡みのキャラっぽいけど今はどうすればいいかわからないというNPCが増えすぎたので、とうとうメモをとり始めた。

ネタバレ全開につき注意。

 

 

 

トレサの目指すもの

特に具体的な目的なく旅立ったトレサだが、2章の終わりで大競売に出るという新たな目標を得た。まだ売るものを持っていない気がするのだが、手ぶらで出かけて大丈夫なのか。

アリーの売り方は賛否両論あるかもしれない。虚偽の申告がなければ詐欺とは言えないだろうけど。

しかし言葉によって商品に付加価値を足すことができるのは事実。トレサはそういう路線の商人を目指すのだろうか……?

 

わたしとしては、アリー路線もいいけどあの織物おじさん路線のトレサが見てみたい。

売れなくなった織物をズボンに仕立てることによってヒットを飛ばすおじさん。

そういう工夫も商売的にはありではないかと。

あと、あの碧閃石はあの町で売らず、たとえば学院のあったアトラスダムあたりで売ればもっと値がつくような気がする。交易しようぜ交易。ファストトラベルがあるんだし(あれはゲームシステムだけのものなのか……? 実際には足で移動してる?)。

 

プリムロゼと娼館主

一人R18ワールドが今回も健在。今度は娼館ときたか。さわやかにライバルと別れたトレサのストーリーの直後のこの落差。

「ゲームオブスローンズ」といい「キングアーサー(2017)」といい、このブログは本当に娼館に縁があるな! むしろスティルスノウでは娼館が秘匿されているということが驚きだよ!

さて今回のボスは黒衣の娼館主(しかも雪の中の)(しかもカラスの入れ墨持ちということで鳥属性まで)ということで、わたしはどうしても「ゲームオブスローンズ」のピーター・“リトルフィンガー”・ベイリッシュを思い浮かべてしまう。

f:id:ssayu:20180715122532j:plain

 あいかわらず美しい横顔である。

ちなみにわたしがどれくらいリトルフィンガーに肩入れしているかというと、彼絡みで20以上のブログ記事を書いたくらいである。

わたしの手で彼を倒さなければならないのか……! と父の形見の短剣を握りしめたわけだが、戦闘が始まるや否や、なにやら逞しい男が現れたので躊躇なく殴りかかった。細身で小柄な黒衣の娼館主が雪の中に立っていたら危ないところだったぜ。

アリアナという元召使の娼婦が出てきたときは、今回死ぬのは彼女かと暗澹たる気分になったが、今回は死ななくてよかった……! この先もプリムロゼの過去を知る人が出てくるのだろうか。きつい展開だなあ。

そしてどうやらプリムロゼの殺された父親という人も清廉潔白ではなかったようで、この先真実を知るのが少し怖いような。

 

しかしトレサ、娼館を知らないというから何才だよと思ったらもう18才なのか。人類が経済というものを獲得したのとほとんど同時から現在まで続いている性産業の需要を知らないというのは、商人としてどうかと思うぞ。いや性産業に詳しいトレサちゃんもどうかと思うが……。

 

テリオンの見た裏切りとは

なんか2章のダンジョンは今のところ全部、テリオンでないと開けられない宝箱があるな!? この感じだとダンジョン攻略にテリオンは必須なのか。サイラス先生と並んでどんどん彼のレベルが上がるぞ!

さてテリオンの物語の表のテーマは四つの竜石なわけだが、裏のテーマはどうやら「裏切り」のようだ。

おそらく子供の頃に出会ったあの相棒が、テリオンを裏切ったのだろう。それで彼は一人を好むようになり、ほかの盗賊とつるむことはしなくなった。「一人でできるもん」と言った次の瞬間にサイラス先生ご一行の仲間になってたけどな!

そのあたりの過去がこれ以降明らかになり、逆にコーデリアとの信頼関係が育まれていくとみた。

あの学者二人はこれからどうなるんだろう。町に戻ったら後日談がわかるかな?

 

しかしテリオン、1章では執事に背後をとられたことをあんなに驚いていたのに、2章でもやっぱり忍び込んだのがバレバレでしたやん。大丈夫か。いやゲーム的にはあそこでボス戦を入れなければいけないというのはわかるんだけど、たまには持ち主にまったく気づかれないまま盗みに成功しました! 的な展開があってもいいと思うんだ。

 

……と、いろいろとつっこみを入れながら感想を書いてみたが、ドット絵の彼らの動きは見ていて楽しく、パーティチャットにない部分まで脳内で会話を補完しながら遊んでいるので、余計なことまで考えてしまう。

「お前また見つかっとるやないかい!」(なんだこの口調)とアーフェンあたりからつっこまれながら戦闘準備するテリオンとか想像しなかった? したでしょ?

 

ssayu.hatenablog.com

ssayu.hatenablog.com