なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所。映画、ドラマ、ゲーム、書籍の感想や考察。

「オクトパストラベラー」全員分のエンディングに到達したので感想を書く

f:id:ssayu:20180901224631j:plain

リアルトラベルをしながら飛行機の中でオクトパストラベラーをクリアするという稀有な体験をしてしまった。旅はいいものだ。

わたしの旅の話は別のページを見てもらうことにして、ここでは先延ばしになっていたオクトパストラベラーのクリア後感想を残して、ひと区切りつけたい。

サイラス先生→オルベリク→プリムロゼ→トレサ→テリオンときて、今回は

ハンイット→オフィーリア→アーフェンの話。

4章まで(クリア後要素も少し)のネタバレ全開につき注意。

 

 

 

ハンイットとザンター

石造りの町から一転して砂漠の町を訪れたハンイット。どうやらここで赤眼が暴れているらしい。

赤眼の移動範囲は相当広いのだが、ほかの町で人的被害は出なかったのだろうか。全然そういう噂を聞かないのが少し気になる。街道にひっそり石化した人とかがいてもよかった気がする。

彼女のシナリオは、最終的に赤眼を倒せばOKというものだから、ここでは話が早い。マルサリム兵に犠牲を出しながらも、結局赤眼を倒せば彼らももとに戻ったようだ。

その赤眼についてだが、最初から強いモンスターという触れ込みだった割に、こちらがレベルを上げすぎたせいであっさり倒してしまい申し訳ない感じに。ヘンルーダ薬の出番もなかった。ごめんよ、スサンナさん……。

ハンイットは序盤から「森で生きる」アピールが強く、獣たちを殺し、時には心を通わせて生きてきた人だということがここまでのシナリオでよく伝わっていた。だから赤眼というのも獣っぽいイメージで想像していたのだが、なんか獣感薄いな?

ささやきの森で暴れていた獣→幻影の森の主(鹿みたいな植物みたいな)→ドラゴンと比べて、何だあのよくわからないデザインは? そしてほかのキャラのシナリオとどうつながってくるんだ??

ここのところはまだ不明である。

 

ともかくマルサリムには平和が戻り、ザンターは蘇った。一件落着。

f:id:ssayu:20180901230538j:plain

「心配かけて悪かったな」と言うザンターに対するこの返しが素晴らしい。良い師弟だ。

 

f:id:ssayu:20180901230815j:plain

ザンターから見ればハンイットはまだまだ子供なのか……? でもその子、この前ドラゴンをぶっとばしてたからね。

そしてその横でほのぼのしてるハーゲンとリンデが微笑ましい。彼らも久しぶりの再会のはずだ。ときどきしっぽが動くのがかわいい。

ともかくザンターはシ・ワルキの森に戻り、ハンイットも森に戻ることにしたらしい。すぐに村を出て北東の果ての村に向かったけどな!

 

オフィーリアとリアナ

ウィスパーミルといういかにも田舎な名前の村、最初に足を踏み入れたときは音楽も暗いしヤバいところに来てしまったと思ったが、実際ヤバかった。

自称救世主、やっぱりヨーゼフ大司教を暗殺してるでしょ……。

しかし死後の世界や死者の魂の扱いを定義しない宗教なんてありえないと思うのだが、聖火教はそのへんをどのように教えているのだろうか。リアナは聖典とか読まない人なのだろうか。ヨーゼフ大司教の説明は確かに子供にもわかりやすいものだったが、それはそれとして聖職者なら教義はきちんと頭に叩き込んでおくべきなのでは。神学は論争も多いし、議論に参加するためにはこれまでの各説を把握していなければならないはずで、そういう勉強をしていない人が重要な式年奉火の儀式を執り行うことなんてあり得るだろうか? 何事もなければ式年奉火を担当していたほどのリアナが、あっさり自分の宗教の教えを放り出して新興宗教に流れてしまうのは違和感が大きい。

f:id:ssayu:20180901234428j:plain

 

……と、言いたいことはいろいろあるものの、最終的には無事百合エンドになってよかったね。リアナはちゃんと自分のところの教義を勉強しなおそうね。

で、マティアスが「死の国」から呼び出そうとしていたもの=サイラス先生の章でルシアが復活させようとしていたものということでいいのだろうか。割といろんな勢力が狙っている?

 

アーフェンとオーゲン

アーフェンの話はどう収集をつけるのかと思っていたが(特にラスボスになりそうな人に心当たりもなかったし)、オーゲンを助けるというシナリオだった。なるほど、確かに良いしめ方だ。

死んで妻のもとに行きたがっていたオーゲンを、アーフェンは救った。助ける方法があるなら全員助けるのがアーフェンのやり方。きっとアーフェンがオーゲンを救ったことで、これからもオーゲンに救われる人がいるのだろうけれど、そんなこととは関係なくアーフェンは彼を救った。「誰でも救う」というのはそういうことだ。

 

アーフェン編のエンディングで驚いたのは、彼の言う「恩人さん」の名前。グラム・クロフォードってトレサの持ってた手記の人じゃん! そこでそうつながるのか! これは面白い。

でも結局、彼はもう死んでいるらしい。アーフェン編の最後には恩人さんと再会するのだろうと思っていたのだが、それはかなわないようだ。今のアーフェンの姿を見れば、きっとグラムも喜んだと思うのだが。

 

というわけで、8人分のエンディングを一通り見たぞ!

クリアしたのが少し前だったから記憶がやや遠くなってしまったが、ひとまずわたしの旅の記録はこれでおしまい。

……のはずだったが、どうやらクリア後にさらにボスがいそうな雰囲気なので、もう少し世界を探索してみようと思う。クリア後に浄化の森に入ったら、とんでもなく強いボスに返り討ちにあってしまった。ストーリー上のボスはあっさり倒せるようになっていたのに、この強さ! ひとまずあいつを倒せるレベルを目標にするか。

最後はクリア後のパーティチャットのひととき。

f:id:ssayu:20180902000002j:plain

f:id:ssayu:20180902000100j:plain

あ、やっぱりそういうことで揉めることあるんだ……。

サイラス先生の特大魔法、そろそろ自然災害レベルに強力だから、パーティのみんなは気をつけてね!

 

ssayu.hatenablog.com