なぜ面白いのか

見たもの触れたものを保存しておく場所

過去、現在、未来「グランドツアー」2-1感想

ついにシーズン2がスタートしたグランドツアー!

すっかり銀髪になった上にさっぱり短髪になってしまったジェームズ、サイドに白髪のまじったリチャード、特に髪に変化のないジェレミーの三人が帰ってきた!!

もともと10月には配信予定だったが、リチャードの事故とジェレミーの肺炎(とジェームズの痔?)により12月に入ってからのスタートとなった。

シーズン2はテントでの移動はなく、コッツウォルズのジェレミー邸からごく近いところに「ホーム」となるテントを張っての収録になる。

www.dailymail.co.uk

1話目はさっそく、夏に撮影した、リチャードが事故を起こした回を持ってきた。

視聴者の多くは彼の事故をすでに報道で知っており、彼の無事な姿を見て事故の経緯を知りたがっていたわけで、妥当なところかと思う。

事故当時の報道や三人の動向についてはこちらの記事にまとめてあるので参考にされたし。

【続報】リチャード・ハモンド事故ニュースまとめ・2017年6月版 - なぜ面白いのか

 

以下は本編のネタバレ感想。

これから見るという方はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

今回の登場車は

リチャードの仕切りでスイスを旅することになった三人は、過去・未来・現在を象徴する一台を、それぞれ旅のおともに選んだ――

というわけで三人が選んだのは、

ランボルギーニアヴェンタドールS(ガソリン車)

・ホンダNSX(ハイブリッド)

・リマック・コンセプト・ワン(電気自動車)

の三台。

とりあえずアヴェンタドールのボディがエロくて、出てくるたびに画面がヤバい。

ホンダNSXは、S1-9でジェームズが絶賛していたのに続く再登場である。

リマックは初めて見た。これ、リチャードが事故った上に火を噴いたものだから、逆宣伝になってない? それとも知名度が上がる方が重要?(確かに今年になってから世界中でこの車の名前をあちこちのニュースサイトで見た。もっぱらリチャードの事故絡みだが)

 

ホンダNSXの燃料系の針についてのやりとりがたまらない。リチャードが

(゚∀゚) <Welcome to Radio Old!

と言い出すのもたまらない。急にプロのしゃべりになるんじゃないww

でも、

(`゚Д゚) <またこうして運転しながら叫んだり議論したりできて嬉しい

とジェレミーが急にデレるものだからびっくりした。どうしたのジェレミー、デレ期に入るの?

 

 

リチャードの選んだホテルは

Park Weggis というルツェルン近郊のホテル。五つ星の高級ホテルらしい。

さすがに普通のお肉やお魚が食べられてお酒も飲めるレストランもあるよね……? とホテルのサイトを確かめにいったところ、なんと現在改装工事中。再オープンは2019年春の予定らしい。せっかく番組で取り上げられて、全世界から予約が殺到しそうなのに!

あとこのホテルのホームページが簡素すぎて噴いたのでぜひ見てほしい。

5 Sterne Deluxe und Design Hotel am Vierwaldstättersee - Park Weggiss

きっと改装期間中だけ簡素にしてるんだよね?

そして当然ながら、草だけでなく普通に「茶色い料理」も出すようである。

www.tripadvisor.de

おいしそうじゃん!

(「Geschlossen(閉店しました)」と書かれているのは改装中だからだと思われる)

リチャードがあえて草料理ばかりを予約したんだなきっと。

ヒルクライム開催前にジェレミーとジェームズが食べていたソーセージがおいしそうで……。茶色い料理最高。

 

で、本当にあの中で腸内洗浄やってるんですかね……。ジェレミーは本当にやってもらったのだろうか。

あのリチャードとジェームズの裸とジェレミーの腸内洗浄は、いったいどこターゲットのサービスシーンなんだ! わたしか? わたし向けってことでいいのか?

(公共交通機関の中でアレを見て社会的に死ぬところだった)

 

 

景色の美しさ

今回は全体的にスイスの景色がとても美しかった。ホテル周辺の景観もよかったし、ドライビングロードでは空撮が本領発揮していた。

ルツェルンの街並みも中世風でかわいらしい。いつか行って鉛筆博物館を訪れたい。

交通博物館はもちろん! あの動く展示物は、目の前にしたら絶対テンションが上がってしまう。展示に目を輝かせるジェームズとリチャードの反応にこっちもにっこり。

さらに言えばコッツウォルズのテントの背景も素晴らしい。ジェレミーはS1で自宅を爆破されたが、あんないいところに新居を構えたのなら全然いいではないか。

 

 

短髪ジェームズ……!

「地理の先生」ヘアスタイル、慣れない! 全然慣れない!!

このツイートを見たあとは、ショックで寝込むかと思った。ジェームズはこの十数年、多少のびたり短くなったりはあったものの、くるくるのかわいい髪型だったというのに……!

(`゚Д゚) <「コンセプトの一貫性」はわかるか?

と言われていたが、考えてみると出演者がシーズンの途中で何の意味もなく大胆にヘアカットだなんて、テレビドラマでは考えられない。彼らの(というかジェームズの)自由っぷりときたら。

 

そして "Dingleberry Handpump" とかいうひどいネーミング。字幕屋さん、がんばったね……。

 

 

カンバセーションストリート

マスタングの「お隣さんモード」に対するジェームズの反応が好きだ。

J`・ω・) <休みの間、お隣さんの花に水をやるとか?

こういうジェームズの素朴(すぎる)発想が好きだ。

エッセイでは「うちの窓の外にいる男が、ガソリンエンジンを落ち葉吹き飛ばし機として使い始めた。道具をこんなことに使うのは真のまぬけである」とか書いていたというのに(ジェームズのエッセイ集 Car Fever は最高に面白いからみんな読もう)。

 

J`・ω・) <「子ギツネをつくる」と言おう

2-1のかわいかった台詞ナンバーワンである。文脈のひどさには目を瞑ること。

 

J`・ω・) ゚∀゚) <You're ungrateful bastard!

2-1のかわいかったシーンナンバーワンである。何度見なおしたことか。

声だけでなく首の動きまで完璧にシンクロしているところが最高。

 

 

セレブリティフェイスオフ

またなんなのそのチープなアイキャッチwwwと思って見ていたら、初回ゲストがデイヴィッド・ハッセルホフとリッキー・ウィルソンだと!!!?!!?!?

America's Got Talent も The Voice も、わたしでも番組の名前くらいは知ってるよ!! その両方から司会者を引っ張ってくるってどんだけ豪華!? ていうかデイヴィッド・ハッセルホフってむしろ「ナイトライダー」の人だよね?

しかも乗る車が "Reasonably priced car" ではなくジャガーFタイプときた。これは今期の今後が楽しみだ。しかもこのコーナー、結構がっつり尺をとっているので、ゲストのトークもたくさん聞くことができそう。今からでもジェレミー・レナーとアーミー・ハマーを生き返らせてジャガーに乗せてくれませんかね。

 

 

ヒルクライム

事故シーンは本当に恐ろしかった。TG9-1と同じようにそのまま放送するかもしれないとは思っていたが、リチャードの声まで入っていて暗転するのがもう……。

リチャードがスタートする前のジェレミーとジェームズの励ましが、こうして見るとフラグにしか見えない。

しかし撮影の最終段階で事故ったというのは本当だったらしい。フィニッシュラインも過ぎたあとだった。本人も言うとおり「プロフェッショナル」な事故り方である。

そしてあのラストシーンからの

J`・ω・)σ <ではタイムを発表します!

でめちゃくちゃ笑ったし、そのあとのリチャードの顔芸でまた笑った。あの表情だけであの雰囲気を緩めて笑いに変換するリチャードの顔芸こそプロフェッショナルである

事故の様子は正直に伝えながら、深刻になりすぎないようにうまくまとめたなあ。

 

番組の最後にデイヴィッド・ハッセルホフ、リッキー・ウィルソンと並んで、リチャードを助けてくれた救急隊たちへの謝辞があったのがとてもよかった。

そしてラストに出る "Executive Producer: ANDY WILMAN" のラスボス感よ……。

 

1時間たっぷり楽しめた第1話だった。予告モンタージュにあった数々の謎のシーンがどんなものになるのか、楽しみでならない。

今年もここで感想を書き残していく予定なので、お時間のある方はまたお付き合いくださいませ。

 

……で、新テストドライバーのオーディションってどうなったの?

 

 

ssayu.hatenablog.com